よく使われるホルモン剤

治療の際によく使われるホルモン剤は大きく2種類に分けられます。一つがエストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤の2つです。この2つのホルモン剤は併用して使うことで大きな効果を生み出すことができます。
ホルモン補充療法を行うときに、減少しているエストロゲンのみを投与してしまうと子宮体がんのリスクがあることがわかっています。このリスクを抑えるために黄体ホルモン製剤を併用して、癌の発症リスクを軽減しています。

ホルモン剤は併用することで効果を生み出す

女性の更年期障害の治療法として主流になっている治療法はホルモン補充療法です。年齢とともに減少してしまうエストロゲンのみを補充してしまうと子宮体がんなどの病気を発症するリスクが大きくなってしまいます。
エストロゲンのみを投与指定しまうと、がん細胞などの繁殖を促す結果を招いてしまいます。このような状態にならないようにするために黄体ホルモン剤を一緒に投与します。
黄体ホルモン剤は子宮内膜の増殖を抑え、子宮体がんの発症リスクを抑える目的で使われます。このように一つのホルモン剤だけを投与することで生じるリスクを、違うホルモン剤を組み合わせることで癌などの発症のリスクを抑えて治療を進めることができます。
ホルモン剤は様々な病気の治療や痛みなどの緩和を目的として使われています。しかし、単体のみではリスクを生じる場合も多く、ホルモンが持っている反作用もうまく利用しながら治療は進められていきます。

まとめ

ホルモン剤を使った治療には、少なからずリスクが生まれます。このようなリスクを軽減する目的で病気や症状の緩和を目的に使われるホルモン剤はもたらすリスクに対して、そのリスクを抑制する働きのあるホルモン剤を組み合わせて治療に使われます。
ホルモン剤は効果が期待できる分、リスクも大きくあることを忘れてはいけません。そのリスクを軽減させる効果を持つもの反作用を持つホルモン剤です。今ではホルモン剤の治療は大きな成果を残しています。

関連する記事