ホルモン剤治療がもたらす副作用

ホルモン剤を使ったホルモン治療は大きな効果がある反面、副作用を発症するリスクが大きくあります。体の中で減少したホルモンを無理やり増やすことで、少なからず体には負担がかかってしまいます。

体全体のバランスが変わることで副作用が発生します

副作用として吐き気やむくみ、発熱などの副作用が出ることが多くあります。このような副作用を緩和するために、主となるホルモンとは別のホルモンを併用して投与する場合があります。
ホルモン剤治療がもたらす効果の裏では、ホルモンを餌として増殖する病気もあります。そのような病気を未然に防ぐためにも反作用のホルモン剤を投与する必要があります。
ホルモン治療が主に用いられるのは、女性に多い乳癌などの治療です。乳癌のがん細胞はエストロゲンと結合することで急激に増殖を始めます。その結合を阻止するための抗エストロゲン剤も同時に投与します。
しかしこのように複数のホルモン剤を投与することで、副作用が発症してしまうリスクは大きくなります。副作用はないが病気が進行するのと副作用はあるが病気進行を抑える効果がある。どちらが自分にとっていいのか言うまでもありません。
特に癌の場合は進行が早く、早い段階で抗がん剤やホルモン剤による治療を行う必要があります。この治療の開始が遅くなればなるほど、副作用が発症する可能性も大きくなります。
できるだけ自然治癒力が強い状態で治療を始めることで、ホルモン剤の投与量を減らすことができ副作用の発症率も下げることができます。少しでも体に異変を覚えたときは、迷わ病院に行くことが大切です。特に乳癌などは発見が早ければ完治の可能性も高いので、定期的に検査を受けることが大切です。

関連する記事