女性の更年期障害にはホルモン剤が効く。

女性の更年期障害の治療に使われることが多いホルモン剤。ホルモン剤を利用するすることで、崩れたホルモンバランスを補修し更年期障害の症状を緩和してくれます。
女性の更年期障害の原因はエストロゲンの減少にあります。思春期にエストロゲンが分泌され、大人の女性としての体に変化していきます。しかし、年齢とともにエストロゲンが減少していきます。

更年期障害の原因はエストロゲン

女性の場合、思春期にエストロゲンの分泌が上昇し女性らしい体へと変化していきます。この時に子供を生めるように体を変化させるホルモンの一つ、プロゲステロンの分泌も増えます。
年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量が減少していきます。特に40代に入ると著しくホルモンの分泌量が減少する場合があります。その中でもエストロゲンの分泌が減少することで更年期障害を発症することがわかっています。
エストロゲンは生殖機能・脳・中枢神経機能・心臓血管系機能・脂質代謝などさまざまな機能を調整する作用を持っています。エストロゲンが減少することで、このバランスが崩れ更年期障害へとつながっていきます。
このようなホルモンバランスの崩れから起きる更年期障害の治療に用いられるのがホルモン補充療法です。女性の更年期障害の主な原因のエストロゲンの減少に対し、ホルモン剤でエストロゲンを補充することで更年期障害の根本的な原因を根絶する目的で用いられるのが主流となっています。
多くの女性がホルモン剤を使って行う、ホルモン補充療法によって更年期障害の症状が改善されています。ホルモン剤は減少したホルモンを補充するなどの目的で利用されることが多く、そして目的通りの効果があることから世界各国でも治療法の一つとして定着しています。

関連する記事