女性特有の病気の治療によく使わられる。

ホルモン剤を使う治療の多くは、女性特有の病気の時に使われます。生理不順や子宮筋腫、更年期障害などが有名なところです。また乳癌や子宮癌などの治療の一環として使われることも多くあります。

ホルモン剤を利用した治療法は世界各国でも行われ、研究が進められています。ホルモンの持つ反作用を利用した癌治療などは、進行や再発抑制の効果があることがわかっています。

乳癌には効果が期待できる

ホルモン剤を利用して行われる治療の中でも、乳癌の進行を抑える目的で使われるホルモンは効果が確認されています。癌などの進行を促進するホルモンとは逆の効果を持つホルモンを投与することで、癌の進行を抑えたり再発を防ぐ目的で使われることが多くあります。

また女性特有の病気だけではなく、男性に多い前立腺癌などの進行を抑制する目的で、女性ホルモンを投与することもあります。ホルモン剤はいろいろな種類があるため、目的に応じて使い分けられています。

まとめ

ホルモン剤は反作用の効果をうまく利用することで、病気の進行を抑えるために使われたりしています。特に癌などの進行を遅くする目的や再発防止のために用いられることが多くあります。

もちろんホルモン剤を投与することで、副作用を併発してしまうリスクもあります。しかし癌などの進行を抑えたり、再発を抑制する働きがあることが、研究の結果分かっています。

世界各国でも治療の選択肢の一つとして、ホルモン剤を使った治療方法が広まっています。症状に合わせてホルモン剤を投与することで、癌などの痛みを緩和したりすることができることは患者にとっても希望を持てる治療法の一つと言えます。実際に多くの患者がホルモン剤の効果を実感しています。

関連する記事