術後はホルモン治療が行われる。

ホルモン剤を使った治療の大きな目的は再発を防止することにあります。特に乳癌などで癌の摘出手術を受けた患者に対して行われる治療法として有名です。

特にホルモン依存性の乳癌の場合には効果を発揮しています。ホルモンの一つのエストロゲンを食料とし増殖する癌に対して、抗エストロゲン剤を投与することで再発のリスクを軽減します。

ホルモン治療はホルモン依存性の乳癌に有効

ホルモン依存性の乳癌の進行を助けているのが、女性ホルモンの一つのエストロゲンです。エストロゲンは癌の増殖を促す働きがあります。エストロゲンとエストロゲン受容体が結合することで癌が発症し、増殖していきます。

この結合を防ぐ働きがあるのが、抗エストロゲン剤です。結合を防ぐことで乳癌の再発を防ぐことができます。この治療方法は世界的に標準治療として広まっています。

実際に多くの実績のある治療方法で、乳癌などの再発防止の手段として用いられています。このようにホルモンと結合して増殖する癌細胞との結合を阻止することで再発のリスクを大きく軽減することができます。

人間の体の中のホルモンバランスが少し崩れただけ体調が不調になり、いろいろな病気や症状が出てきてしまいます。基本的にホルモンバランスを整えてあげることで、体調の不調は改善されます。

しかしその反面、新たな病気などを発症するリスクが大きくなることも事実です。このようなリスクを最小限にするために、反作用を利用した治療も発達しました。ホルモン剤を使った治療がもたらす効果が大きいことは言うまでもありません。

中でも乳癌に対しての効果は大きく、世界各国でも基準治療法として用いられています。ホルモン剤は大きな可能性をまだまだ秘めている治療法だと言えます。

関連する記事